前回の登板予定を胃腸炎で回避した砂田が、五回1失点と試合を作り、打ちあぐねていたメッセンジャーからは、乙坂が値千金となる逆転3ラン。


ベイスターズの若い力が、苦手タイガースを粉砕しました。


先発砂田が2勝目!

投球回は少ないながらも、毎試合確実に試合を作ってくれていた砂田が、嬉しい2勝目をあげました。

とは言っても、調子自体は全く良くなく、変化球は抜け、ストレートも抜け球が多く、毎回のようにランナーを背負う苦しいピッチングでした。

丁寧にいこうとしすぎてカウントを悪くし、フルカウントにするケースが多々あり、かなり不安定なピッチングが続きます。

しかし、6安打は打たれたものの、与えた四球は2つ。そして1失点と、最低限の仕事はしてくれました。

そもそも、久保や井納、山口に求められているのが、この調子は悪くても試合を作る能力です。そういった意味でも、カードの頭の投手として、責任を果たしたピッチングをしてくれました。


砂田に2勝目をプレゼントした乙坂の本塁打

五回、砂田が1点負けている状況で代打を出されていたので、ここで2点取らなければ砂田に勝ちをつけることができませんでした。

そこで値千金の逆転3ランを放ったのが、我らが乙坂です。相手のメッセンジャーは、乙坂相手には少々投げづらそうでしたね。

ただ、乙坂の本塁打はもちろん値千金だったのですが、その前の松本の四球が大きなポイントになりました。

先頭の宮崎がこの試合初ヒットとなる2ベースを打ち、反撃モードも束の間、後続が簡単に2アウトを取られます。ここであっさり終わらず、代打の松本が四球を選んだことが、メッセンジャーのリズムを狂わせました。

続く乙坂にもボール先行となり、スリーボールになるのを嫌がり、甘く入った球を乙坂にとらえられます。あそこであっさり松本が打ち取られていたら、あの逆転劇はありませんでした。

そして若手といえばもう一人、ムシキング山下もタイムリーを打ち、貴重な追加点をあげました。しかも打ったのが左の加藤というところが、とてもいいアピールとなりました。

外野だけでなく、内野手でも激しいポジション争いが繰り広げられています。


ベイスターズ的まとめ

シーズンを終わらせないために、この日の勝利は非常に大きな1勝となりました。カードの頭を取れたのは本当に大きいですね。

なんとしてでも、カード勝ち越しをしてもらいたいところ。

期待しましょう。