・11時起床。せやねんを観る。2ちゃんねるでは人外人外と愛されて止まない雅の出ている番組である。僕はなんとも思わないので普通に観る。むしろ健の方がCO2と資源の無駄遣いなので行政か国会に頼んで極刑に処して欲しいくらいなのだが。イラクに派遣すれば役に立てて良いのに。相変わらず空気の読めない健に殺意を抱きながら観る。大体が顔のつくりからしてイライラする。雅にすら、「お前トミーズの名前返せ」とか言われたらしい。嫁にはこき使われ、家事全般を担う。もう健に居場所は無い。嗚呼ニッポンの兄弟というコーナーでは小さな子供の兄弟(もしくは姉妹)が出てきて何かしらのお使いをする。おねえとおとうとという姉弟で、姉が虫を取りたいということだった。将来は昆虫博士になると言う事だが、いつまでそんな事思っていてくれるだろうか。どうせ学校に行きだしたら合コンの話しかしなくなるだろう。せめてその時までそんな事を純粋に思っていて欲しいと思う。後、毎日放送はセンスが良いと思う。

・ランチにニュータッチのねぎラーメンを喰らう。安いわ胡散臭いはだが旨い。パッケージだけではまず購入意欲が起きないと思う。要するに、金ちゃんラーメン(徳島製粉)のねぎラーメンと同じ味である。ラー油がたんまり掛かっているのがポイントである。ラー油たんまりといえば京都駅周辺のまんてんか大阪茨木、モノレール宇野辺のマイカルにある萬力屋のピリ辛麺か。後者は本当にピリ辛で旨い(注:私はグラタンには10滴以上はタバスコをかける)。クラスの子は辛いラーメンは辛さでごまかしていると認めてくれない。ああこんな事言ってたら食べたくなってくる。萬力屋京都店にもピリ辛麺を置いてくれ。頼むから。

・みやこめっせ−京都市勧業館−へ行く。ここでは良くどこぞの衣料品店が民事再生法を申請したからと言って、つまり平たく言えば、閉店セールなのである。最近盛況なのか知らんが調子に乗ってあまり安いものは無かった。1000円位にして頂かないと我々小市民にはとても手が出ない。つーか、3000円4000円なら新京極や寺町へ行けばいくらでももっとセンスの良いものが買える。わざわざ向かうのは底値でそれなりの物を買おうとするからである。ロクな物が無く会場を去る。どっかの企業の決起会が開催されていて、スーツ姿の人がチラホラ。そんな萌えスーツをまとったある女性が僕に一瞥をくれていく。もっさい無能な男なぞ意識せんでも良いのに。しかし最近は他人に見られても神経を苛付かせる事も無くなった。健康なのか、興味を無くしたのか。そして結局何も買わずに帰る。

・TOKIOの城島が体の悪い子を海へ連れて行くのをチラっと観る。以前に呼吸器が無ければ死んでしまう子供も観た。本来なら既に死んでいるところを科学の進歩によってその子は死なずに済んだのだが、科学の進歩によって苦しみ続けてしまうという考え方も出来る。我が子なら生き続けて欲しいと思うだろう。他人の子だから言えるのだろうが以前なら間違いなく死んでいたものを生かすというのはなにやら考えてしまう。医者のスラングで鼻やらどこやらに管入りまくりの人をスパゲティと呼ぶ。苦痛の生か安息の死か。るろ剣で御頭が恵に言った言葉を思い出す。所詮他人事だから偉そうに言えるのだ。

・スーパーサッカーを観る。日本代表女子ストライカーがあんなにかわいいとは知らなんだ。萌え。しかもフリーキック入らなくて自分自身に怒ったりしてて激萌え。萌え萌え。これが野郎だったら「畜生!!ガッデム!!」になるところだが怒り方まで萌える。しかもVTRのシュートは明らかに男子よりしっかり蹴っていた。女の度胸には勝てん。